ブログトップ

みつばちと日々のこと

archae88.exblog.jp

おうちをかりる

やどかり、とはよく言ったものだーとしみじみ思った日がありました。

a0247891_86137.jpg


よくいるふつうのやどかりですが、

この日はみょうに、やどかりが気になりしばらく観察してみました。


砂でできた屋根の下、

みんなでもそもそしてましたよ。笑

なにしてるんだろうね?

a0247891_875740.jpg


歩いていたら、また集団を発見。

やどかりの会議?かなっとほほえましく見ていたら、

a0247891_894052.jpg


乗っ取ろうとしてたよ!

a0247891_8112879.jpg


襲われたやどかりは、早々と逃げてます(左端)

なんだか、やどかりにも人間模様なるものを見た気がしました・・・




そして、夜には。

よく見ます、ムラサキオカヤドカリです。

たーくさんいるのに、天然記念物です。

なんで?っていつも聞いちゃうよ。

a0247891_816198.jpg


これこそ、やどかりねっていうくらい色んなおうちをしょってます。

a0247891_8181617.jpg


a0247891_8183969.jpg


a0247891_8185427.jpg


おもしろいのは、浜によって背負ってるおうちが違うことでした。

こんなふうに色々なキャップばかりのおうちもあれば、

貝のおうちがほとんどの浜もあります。

これは、ほぼ漂着ゴミの種類や多さにそっているようでした。

漂着ゴミも彼らにとっては、すてきなおうち資源なのかもしれませんね。



何も考えてないように見えてた生き物が、

意外と意志ある行動をしたり、社会性が見えたりすると、

なんだか、おもしろいです。

そしてやっぱり、

生き物の無垢な行動がどこか幼いこどものように、

ほほえましくかわいらしく思えますね。





●ヤドカリ調査もしている旦那さんからの豆知識●

ヤドカリはしょってる貝の中に、水分を蓄えているんだそうです。

このおうちには保湿の役割と、外敵から身を守る役割があるんだって。

ちなみに、貴重種のヤシガニも小さいころは、外敵から身を守るために、

ヤドカリのように貝をしょってるそうですよ!知らなかった~。

そして、大きくなって外敵の心配がなくなると

あのように体まるだしになるって。

ちゃんと理由があるんですね~。

そんな役割のあるおうちですが、

やどかりは、しょってる貝によって成長できる大きさがきまるそうです。

大きな貝がある浜では、やどかりも大きく成長できて、

小さな貝ばかりのとこではその程度でしか成長できないようです。

なので、キャップを利用しているのは、キャップが好きなのではなくて、

適度な大きさの貝が見つからないからなんですね。

ちなみに、上の昼間の小さなヤドカリたちも、

白色ですが、ムラサキオカヤドカリなんですって!

成長していくにつれて、色がついていくそうですよ!

これくらい小さくても、成熟した個体もいて産卵するんだって。


ヤドカリの話。

聞いてて、もっともっとおもしろいこといっぱいなのですが、

まとめきれません・・・ また、次の機会にでも!

[PR]
by archae88 | 2012-10-19 23:00 | 生き物 | Comments(0)
<< 恋いこがれる 夜中のお絵かき >>