「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

みつばちと日々のこと

archae88.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

宝石

宝石みたいな実を採りにいきました。

a0247891_12363189.jpg


染料になるそうで、染織が専門の友人と探しに行きました。

私たちはいつもミツバチ目線なので、花ばかり気にして、

この木の花は見ていたけど、実は見てなかった。笑

この青緑のグラデーションがなんとも美しくて、瞬間、魅了されました。

一枝頂いて、おうちに飾っていたけど、日に日に

実の色が変わっていってとても美しかったです。












最近の夫の買い物。なたまめ。90円…

a0247891_123191.jpg

[PR]
by archae88 | 2013-11-12 13:31 | 自然物 | Comments(0)

流れ星キャンプ

秋の分とは別に、冬から春に向けての準備をしました。

またとても環境のいい所にミツバチを置かせてもらいました。

夜、移動させて、ふと空を見上げると、

流れ星がひとつ、流れていきました。なんだか嬉しい。

お昼間は、サシバがピックィーと鳴いて、

ノグチゲラがコンコンコンコンと木をつつく音が聞こえます。

この場所で、またおいしいはちみつができますように。




そして、ハチの移動と寒気がきたときの風物詩。

そのままキャンプをしてきました。笑。

a0247891_17144664.jpg


この日は月がなくて、流れ星7つ!

これ以上見たら、運がなくなる…と思い寝ました。




朝目覚めて目の前が海ってなんて贅沢なんでしょう。

波の音と鳥の声だけ。

すぐ、浜歩きです。(という贅沢も)

a0247891_17193129.jpg


イルカンダのさや入り、見つけた♡ 高級チョコみたい。

a0247891_17195763.jpg


a0247891_17201157.jpg



そして、ひとつ。やっと、やること実行しました。

a0247891_10363795.jpg


今回はペットボトルのみ限定で拾いました。90ℓ袋はすぐに満杯。

自宅へ持ち帰り、家庭ごみとしてきちんと捨てました。

(家庭ゴミで捨てる時は、ラベルとキャップをはずしてから捨てよう♪)

これから寒くなっても、また違った楽しみのある季節。

ごみ拾いもしながら、 楽しみながら、ハチの仕事がんばります。
[PR]
by archae88 | 2013-11-11 17:39 | みつばち | Comments(0)

帰ってきたハキリバチ

夏の終わりのこと。

とある海岸で、綺麗な花が咲いていました。



a0247891_2422229.jpg

【ミルスベリヒユの花】




花に見とれていると、ハキリバチ(の仲間)がやってきた。



a0247891_3233824.jpg

【これは巣から出てきたところ】




見ると、何か持ってる。
青虫みたいなものを抱えている。あれ。ハキリバチって虫狩らないよな?(※)



a0247891_324165.jpg

【蜂が持っていたものと同型の葉】





よく見ると、さっき見とれていた、あの綺麗な花の葉でした。

ハキリバチ(葉切り蜂)の仲間は、植物の葉を切って持ち帰り、
巣材として利用しています。

でも、こんな分厚い葉を持っているのは初めて見ました。
ほんと、青虫を抱えているよう。



a0247891_1301265.jpg

【赤い丸で示したとこの奥の小穴に蜂の巣がある】




大事そうに葉を抱え、岩に開いている小さな穴にすすっと
消えていきました。

15秒ぐらいして、すすっと出てきて、どこかへ飛んでいきました。

よくここが自分の巣だとわかるな。岩を見回すと似たような穴が
いくつも開いています。

周りを見渡すと似たような岩がいくつもあるというのに。

ところで、みつばちは自分の巣箱を模様(パターン)で識別する
といいます。

つまり、自分の家を視覚的に憶えているというのです。

そこで、試してみました。ハキリバチもみつばちと同じハナバチ類(花蜂類※)です。



【改変レベル1】
a0247891_205610.jpg





入り口付近に石を置いて、印象を変えてみました。

ほどなくして、蜂が戻ってきました。

巣の入り口付近を伺うように飛んでいます。うろうろ飛んでいる
ばかりで着地しない。

<あれ?この辺のはずだけど、なんか様子がおかしいぞ~?>

そんな感じになっている!

でも、1分ほどうろうろ飛んだあと、すっと、小穴に吸い込まれて
いきました。

やっぱり見ている。おもしろい。

これはどう?



【改変レベル2】
a0247891_211586.jpg





もっと石を置いて、草もどけてみました。

ほどなくして、蜂が戻ってきた。

入り口付近を伺うように飛んで、うろうろしています。さっきと一緒だ。

ところが、1分経っても、うろうろ飛んでいるばかり。

3分経っても。

もう、おろおろして、てんで的外れなところを探し始めた。

<巣はどこだ!おかしいな~!わからなくなってしまったぞ~!>

って感じになってしまった。これはいかん!

<ああ~!どこだ~~!!>

ついにどこかへ飛んで行ってしまった。

あわてて石をどかしてできるだけ元の状態に戻したけど、
ついに蜂は戻らなかった。

やばい。あいつかわいそう。

後悔しました。調子に乗っていらんことをしました。

なんか、軽くブルーな感じになったまま、20分が過ぎた頃、
蜂が帰ってきた!

帰ってきた!

普通に入り口近くの岩に着地した。じっとしている。

よっぽどうろうろ彷徨って、疲れたのか。僕を見て、肩で息
している(ように見える)。

持っていた葉もない。

再び動き出すその瞬間、

<チッ>

と舌打ちされた気がしました。蜂はすすっと小穴へ消えました。

蜂とちぎった草よ、ごめんなさい。




※ 虫を狩る蜂・ハナバチ類とは?

ハチ(ハチ目・膜翅目)の食性は大きく分けて、以下の3つのグループに分けられる。

1 他の昆虫などを狩って食べるもの(スズメバチ類、ベッコウバチ類などの狩り蜂類等)
2 他の昆虫などに寄生してその体を食べるもの(コバチ類、セイボウ類などの寄生蜂類等)
3 植物の材や葉、花粉などを食べるもの(ハキリバチ類、ミツバチ類などの花蜂類等)

このうち、我らがみつばちと、今回のハキリバチの食性は3。

ちなみに、アリもハチの仲間に分類される。基本的には肉食(1)だけど、自分たちでキノコを栽培して食べているアリとかもいて食性は多様。
[PR]
by archae88 | 2013-11-06 05:39 | | Comments(6)