ブログトップ

みつばちと日々のこと

archae88.exblog.jp

<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

完売しました

2017 冬のはちみつ

a0247891_23401124.jpg
販売を終了いたしました。

おかげさまで実店舗分は完売となりました!

たくさんのご購入、誠にありがとうございました。

(お取り置きのご連絡を頂きましたお客様は、
お約束のお日にちでお渡しいたします)



なお、先日、那覇市の浮島ガーデン様とオキナワグロサリー様へ

少しですが、納品いたしました。

観光などでお近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。



画像は、今年もお店の前に並べたメイフラワーです。

今年は開花が少し遅くて、なんとかopen中に間に合いました。

今年も近くのミツバチがぶんぶん遊びに来ましたよ。

メイフラワーもフカノキのはちみつも、また来年。

今季も、どうもありがとうございました☆

[PR]
by archae88 | 2017-03-23 23:50 | はちみつ商品について | Comments(0)

環境調査(野生動物の調査)

昆虫の専門知識と採集技術を活かして、環境アセスメント(●)でのファウナ調査などを行っています。
個人的には、サシガメ(カメムシ類)とアリが特に好きで、採集と同定が得意です。

a0247891_03504469.jpg
動きの速い微小昆虫は吸虫管で吸引して採集します。サンプルである虫体を痛めてしまわないためにも重要です。




a0247891_04543738.jpg
リターや土壌中で生活している微小動物を、ふるいを用いて探索し採集します(シフティング法)。




archaeでは、現地調査や、採集した昆虫の室内分析(同定)をお請け致しております。


このほか、個人宅のお庭や会社敷地内で昆虫調査、などもご相談に応じます。
僕は以前、個人的興味から実家の敷地内で動物調査を行ったことがありますが(●●)、身近な環境の生物の多様性に感動しました。
企業の環境活動の一環に、夏休みの自由研究のグレードアップに、是非お手伝いさせてください。



◇2002年~2011年 県内環境コンサルタント会社に所属(昆虫担当)

◇2011年~現在 個人事業者として、県内にて昆虫調査(陸上昆虫類全般、アリ類等)を継続的に請け負う。 

◇生物分類技能検定2級(動物)、ビオトープ管理士2級(施工)、公害防止管理者水質1種、潜水士



●環境アセスメントとは、国や県、企業が、ある場所を開発したいときに、事前及び完成後まで、開発が環境へ与える影響を予測、評価する工程です(環境影響評価法)。この工程は、主に民間企業である環境コンサルタントが行います。
地域に生息する野生生物や大気、水質、騒音など様々な角度から環境の評価を行う必要があるため、それぞれの分野の専門技術者が調査にあたります。

●●過去に個人的興味から実家の敷地内で勝手に動物調査を、しかも4季にわたって行ったことがありました。その結果、昆虫類166種、クモ類26種、陸産貝類8種、爬虫類4種、両生類1種、哺乳類4種、鳥類9種、その他の動物25種、うち貴重種3種(ワタセジネズミ、オキナワキノボリトカゲ、ノミガイ)が確認されました。特に庭からアリが23種も確認できたのは、ちょっと驚きでした。



[PR]
by archae88 | 2017-03-14 03:41 | archaeのお仕事 | Comments(0)

花粉交配用みつばちの貸し出し

archaeでは、マンゴーをはじめ各種果樹、野菜の結実を助けるため、みつばちを巣丸ごと貸し出しています。
また、外国植物の結実を研究されている植物園でのご利用もお受けいたします。
貸し出しは一日単位で行っております。お気軽にお問い合わせください。



a0247891_04294746.jpg

[PR]
by archae88 | 2017-03-14 02:34 | archaeのお仕事 | Comments(0)

はちみつ、みつろうの商品

私たちarchaeは、自分たちの手で養蜂を行いみつばちを育てています。

沖縄本島産の季節の採れたてはちみつを、採れた時だけ販売しています。
価格は、毎年同じ時期でも気候によって収穫量が異なるため、時価とさせていただいております。詳細は、当ブログ内かFBページでお知らせいたします。
a0247891_03003094.jpg



みつばちを飼い始めてからこれまで一度も、全群のミツバチへ薬剤(ミツバチに付くダニ駆除の農薬、病気予防の抗生物質など)を使っていません。はちみつやみつろうが人体に触れることを考えると、安全とは思えないからです。それよりも、こまめに管理をして、元気を引き出すことでダニや病気予防に努めています。

繁殖を促進させるための餌やりも行っておりません。純粋なはちみつだけを食べたいからです。普段の採蜜のときに収穫をしすぎず、むしろ多めにはちたちに返すことで餌なしでも元気です。花粉交配用で農家様のハウス内へ出張に行っているはちたちには、非常食として砂糖水を与えます(採蜜群とは巣板を分けています)。





[PR]
by archae88 | 2017-03-14 01:53 | archaeのお仕事 | Comments(0)