ブログトップ

みつばちと日々のこと

archae88.exblog.jp

キュンちゃん

キュンちゃんは7月の上旬、夏の真ん中に家にきた。
ちょうど今頃の2015年、去年のこと。
a0247891_12242963.jpg

拾ったばかりの頃のキュンちゃん。


キュンちゃんは、リュウキュウアカショウビンという渡り鳥のヒナでした。
キュン、キュンって鳴くから、娘がキュンちゃんって呼びはじめました。


家に来る前、キュンちゃんは山にいた。


台風が迫っていた森の中にいた僕は、唸り声をあげている風の中に含まれていた「キュン」を聞きました。
探すと、林床の陰にうずくまっている小さな鳥のヒナを見つけました。

生まれたてってほど幼くもないけど、棘のような羽しか生えていなく、自立しようと頑張っている幼鳥にはとても見えない。

まわりには巣らしい洞もなく、ただ、親なのか、時折成鳥の声が周囲から聞こえました。

何か理由があって、そこにうずくまっているらしいのだけど。しばらく様子を見ようと、その場を離れました。

夜になって、風がいよいよ濃く低く洗うように森に吹き始めても、ヒナはそこにいました。
思いのほか元気で、少し斜面の低い位置に移動もしていました。

巣のある立枯れ木が倒壊でもしたのか、他の兄弟に巣から締め出されたのか、親が死んでやむなく巣から這い出してきたのか。

キュンキュン元気に鳴くのですが、雨も降り始めてるし、斜面の下は深い沼だしな。
この台風を生きて越えれるか。別に死んでもいいし。それが自然の摂理なら。

うーん飼うのは大変だよ?相当食うよ。それもフレッシュな生き物だけ。


そうだな。見つけなかったことにしようか。


結局、ポケットに突っこんで連れて帰りました。


かくしてキュンちゃんは、我が家に迎えられ、名前も与えられました。

キュンちゃんは想像していたよりも、大量の餌を食べました!
タイワンツチイナゴ、ショウリョウバッタ、ホオグロヤモリ、ジャンボミルワーム。。。
とにかくゴクゴク飲み込みました。

娘も妻も、僕よりもキュンちゃんを大事に世話をしました。
娘は毎日たくさんのバッタを採りに行き、妻はタイミングを見てしっかり給餌を。

キュンちゃんは応えるように大きく、綺麗な鳥に成っていきました。



何日か経つと、伸びきった棘の羽がやぶれて褐色の羽が現れた。
a0247891_1285610.jpg

a0247891_15325147.jpg

この頃には、妻を見ると「おなかすいた!」って(そう見える)鳴いて呼ぶようにもなりました。


さらに何日か経つと、背中から腰にかけての特徴的なあのラインが現れていました!
a0247891_12163199.jpg

やがて、近所の熱帯魚専門店に、
”ぜんぜんそんな感じじゃない女の人(妻)がジャンボミルワーム
だけを買いにしげしげと通っている”
というちょっとワケありな光景が普通になってきた頃、キュンちゃんの巣立ちの時がきました。

春から夏にかけて、沖縄や日本本土で過ごしたリュウキュウアカショウビン達は、今度は東南アジア方面へ南下します。
健全なリュウキュウアカショウビンなら、この流れに従って仲間たちと南下しないと。
キュンちゃんの野生復帰を確実にするためにも、ここでリリースし仲間たちの旅団に合流させることは大きな意味があると考えました。
キュンちゃんもそれが宿命であると本能で解っているかのように、この頃かごの中で盛んに飛び始めていたのでした。


キュンちゃんがいた場所に行きました。
a0247891_1639599.jpg

最後のお別れ。
a0247891_16404016.jpg

娘も、さびしいながらも折角決心したのに、鳥かごを開けても、なかなか飛んでいこうとしない。
a0247891_1694623.jpg




ようやく飛んだけど、あえなく木の枝に不時着。放して大丈夫かな??
餌とれるかな。一人で生きていけるのか。
放してしばらく、僕たちはキュンちゃん用の鳴き声でそんな気持ちをキュンちゃんに問いかける。キュンちゃんもまた「キュン」と応えていました。

a0247891_2335737.jpg


ためしにリュウキュウアカショウビン成鳥の鳴きまねをしてみる。
「フィッフィーー」

応えるように鳴きかえしてくる個体がいる。
キュンちゃん、飛べよ。周りに仲間がいるぞ。飛んで、南下する仲間たちの旅に加われ。ここにいてはいけない。

いつまでも見ているわけにもいかないから、ここでお別れ。
僕だけは明日、またここに様子を見に来るとして。


翌日の夕方、またキュンちゃんを放した場所に来てみました。
どこを見てもキュンちゃんの姿はなく、鳴きまねをしてみても応える者はいませんでした。

さすがにどこかにいってしまったか。
割と近くに道路あるし、ひと肌恋しくて飛び出したりして轢かれてないだろうな。
この辺カラスが多いのも恐いな。
あいつ大丈夫かな?
どこか予想していた通り、こんな別れになってしまったね。

ふいに携帯が鳴りました。
森の入り口で待っててもらっている仕事の先輩からでした。
「なんかアカショウビンが飛び出してきて、そっちの方向に飛んでったけど、来てる?」

そう言い終わるのを聞くより早く、目の前に一羽の赤い鳥が現れた。
立派なリュウキュウアカショウビンがとまっている。
キュンちゃん?違うか別の鳥か。

そしたら、「キュン」って鳴きよった。
家でやってたように、僕の方を見て、頭をクイックイッてした。

キュンちゃんだった。僕を覚えていて、飛んできたのでした。

(頭をクイックイッと揺らすような行動は、僕たちを見つけては何か言いたくて呼んでる時によくやる行動でした。)
a0247891_03370254.jpg
目の前2mぐらいの距離の枝にとまって「キュン」って鳴いている。
先輩によれば、大きな毛虫をくわえていたそうです。
すごい!自分で獲物を捕ったのか!? いつも家では自分でしとめきれず、口先まで運んであげていたのに。
たった一日で逞しくなったなあ。
妻と娘が見たらどんなに感動しただろう。



2016年、夏。これから秋にかけて、沖縄はリュウキュウアカショウビンの渡りのルートの一つになります。
キュンちゃん。この声の主はお前だったりしないかな、って思いながらこの時節の帳をくわえて飛ぶものたちの気配を楽しもうかな。





※野鳥を捕獲・飼育することは「鳥獣保護法」により原則として禁止されています。
今回、やむを得ない状況であったため保護。
その後、野生動物ドクターの長嶺先生がいらっしゃる「ながみね動物クリニック」へ相談、野生復帰のタイミングなどを確認し、鳥屋の先輩方からも助言を頂きながら保護を続けました。
[PR]
# by archae88 | 2016-07-21 17:10 | 生き物 | Comments(0)

お中元セット できました

お中元セット できました。

a0247891_6375434.jpg


お中元用に少しだけ取り置いておいたフカノキのはちみつと、

今季春のはちみつとのセットです。

サイズ違いで、ミニセットとロングセットとお作りしました。

数はたくさんないですが、

夏のおくりものとして、喜んで頂けたら嬉しいです。

a0247891_638402.jpg


◆ミニセット ¥1850
(フカノキ ミニ80g×1  春の野の花々まるびん120g×1  箱代含む)

◆ロングセット ¥2400
(フカノキ ロング120g×1  春の野の花々まるびん120g×1  箱代含む)


a0247891_641456.jpg


のしは、お中元用ののしシールをお付けします。

箱サイズ:W15×D11×H7.5 
(重さはありますが、箱の大きさは一般のお中元と比べますと小さめです。ご確認ください。)



県外の方のご注文もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先→◆こちら

※7/25~8/4まで県外へ行っておりますので、発送対応ができません。
7/24 12:00までのご注文分につきましては、翌日発送致します。
7/25以降のご注文につきましては、8/5以降の発送となります。

[PR]
# by archae88 | 2016-07-20 06:58 | はちみつ商品について | Comments(0)

昆虫観察ウォーキング~タマムシを見に行こう~ 初日!

昆虫観察ウォーキング~タマムシを見に行こう~

7/18(月)海の日の初日は、無事終了しました!

a0247891_744467.jpg


とっても暑い中、足を運んで下さいました皆さま、

本当にありがとうございました!

観察中はパリッと晴れて!

タマムシもぶんぶん飛ぶ、絶好な観察日和でしたが、

とにかくとっても暑かったですね。

普段、高い木のこずえのまわりでしか飛ばないタマムシが

ふいに低空飛行した時、それをお父さんが網ではたき、

それを小学生の女の子が手で採る!

といった予期せぬ出来事が起こったりで、

とっても楽しい一時でした。ありがとうございました。

次回の観察会 7/23(土)、8/6(土)まだ空きがあります。

たくさんのご参加お待ちしております!


ツアー内容の詳細は→◆こちら◆

a0247891_785617.jpg

[PR]
# by archae88 | 2016-07-20 01:02 | こども自然観察会 | Comments(0)

昆虫観察ウォーキング ~タマムシを見にいこう~

昆虫観察ウォーキング 
~タマムシを見にいこう~


ツアー内容をPDFで見る→◆こちら◆

a0247891_10121713.jpg

やんばるの森も魅力的だけど、身近な小さな森にも、いろんな生き物が
暮らしていて見逃せない!!
散歩しながら、みんなが見つけた虫を観察して、名前や生態、自然との
結びつきなどをお話します。
日本一美しい虫、オオシマルリタマムシ(※)も道中、観察します。
日頃の生き物への疑問や、もちろんミツバチについての質問も
お答えします。

小さな昆虫博士のみなさん、お待ちしています!
a0247891_1015271.jpg

※オオシマルリタマムシ
学名:Chrysochroa fulgidissima alternans Waterhouse,1888
沖縄の在来種で、「日本一美しい甲虫」 と言われています。




【日時】 7/18(月)、7/23(土)、8/6(土)

      13:00~14:30


【集合時間】 12:30集合

【集合場所】 中城城跡駐車場 (普天間自動車学校 前)
*簡単な説明後、それぞれのお車で観察場所まで少しだけ移動します。

【服装】 森や薮を道から観察しますので、半袖、長ズボン、靴ぐらいで
OKです。

【用意するもの】 飲み物、帽子、日傘。虫網、虫かごはご自由にお持ち
になってください。虫よけも必要な方は、各自ご準備ください。

【費用】 一家族1000円 
(ご家族のどなたか大人お一人は必ず付き添い願います)

※今回、保険の加入を行いませんので、各自自己責任のもとご参加ください。



【お申し込み・お問い合わせ先】  

090-9783-6862 (名嘉猛留)

archae 採れたてはちみつの店アルカエ
沖縄市胡屋4-3-17
archaehoney@gmail.com

お電話またはメールにて受付→ 


【ガイドプロフィール】
archae アルカエ 名嘉猛留(なかたける)
a0247891_10464176.jpg

1978年 沖縄生まれ沖縄育ち。好きな虫はサシガメ。
生き物好きのまま大人になり、今も虫に夢中。
大学で学んだわけではなく、生き物好きな父から基礎をもらい、
独学のほか、高レベルな先輩達に恵まれ、経験を重ねる。
環境調査会社の昆虫担当を経て、フリーランスになる。
昆虫調査業を続ける傍ら、養蜂業で蜂蜜と子供たちへの
ミツバチ観察をお届け。
◎娘と新種のクモ(リュウキュウカヤシマグモ)を見つけ、
2013年正式に新種記載される。
自身も新種(今までにないおもしろい人)になることを
めざしつつ、日々、新種探しと観察に明け暮れる。
沖縄昆虫同好会、日本半翅類学会、日本蜘蛛学会会員


プロフィールの詳細はこちら→
[PR]
# by archae88 | 2016-07-11 15:43 | こども自然観察会 | Comments(0)

2016 幼稚園で採蜜体験

今年も、幼稚園でミツバチのお話と採蜜体験をさせていただきました。
娘は小学生に上がったので、今回は助手がいない中での体験です。

a0247891_10324979.jpg


朝、蜂場に行って、ミツバチの巣板を観察箱に移動させ、溜まったばかりの蜜板から蜂を払い、蜂にストレスを大きくかけないよう、すばやく幼稚園に向かいます。

幼稚園について、みんなの前で観察箱や採蜜機を広げると、「おーっ」ってなる(笑)
テレビとかデパートで見たことがあるみたいで、あれだあれだと視線が集まる。

ミツバチはみんな女の子なんだよ。雄はこの大きいの。見つけた?

a0247891_10571467.jpg


前のめりで観察箱のガラスをつつく子(危ないから触っちゃだめよ)、距離をおいてじっと見つめる子、なんか蜂蜜のにおいがするって戸惑う子、順番がすぎてもまた並んでくる子。

例えば、この蜂が実物じゃなくて観察箱が蜂を映すモニターだったとしたら、こういう反応はないだろうなあ。
すぐそこにいるけど触っちゃダメ。ダメではないけど、刺されたり噛まれたりするよ。
なんでかね?
虫なら虫、人なら人、植物なら植物で、それぞれの世界で一生懸命生きているってことがなんとなく体感できたら、このライブ活動は成功です。

お話中、みんなザワザワ大変だけど、聴く時はぴしっと聴く。
僕はここぞばかりしゃべってたけど、もっとクイズ形式とかにしたらよかったね。

みんながおうちで食べている蜂蜜はどうやってできているのかな?
お友達にも手伝ってもらって、ペープサートで見てみよう。

a0247891_11174462.jpg


ミツバチたちはミツバチたちのために蜂蜜を溜めていて、僕たちはそれをもらっています。
みんなが園庭や道端でみかけるミツバチたちは、みんなこういう巣(おうち)で家族で暮らしていて、おうちでは、ミツバチの赤ちゃんがお腹すいたーって待っているよ。
だから、刺すから怖いからって、殺したりしないでね。みんながなにもしなければ蜂たちもなんにもしないよ。

先生が今日の観察会の前に言っていました。みんながむやみに蜂を怖がらなければいいなーって。
少しは効果があったかな?なにか意識するきっかけになってたら嬉しいな。

実際にミツバチの巣をさわってみよう。どう?想像よりもやわらかい?
a0247891_16533772.jpg



a0247891_12135042.jpg

a0247891_12141814.jpg


最後はお待ちかね、蜜を絞って食べてみよう。
遠心分離機の採蜜機、誰か回してくれるひとー?っていったらみんな手を挙げてくれました。

採れたての蜂蜜を食べてみんな「おいしい」「おいしくない」「あますぎる」「さいこう」、感想もいろいろ。
みんながなめたこのスプーン一杯が、一匹のミツバチが生涯かけて集めてくる蜂蜜の量なんだよ。
蜂も人も生き物みんな「ただいる」んじゃなくて、生きているんだね。

体験の間、ずっと大きなミツバチ(次女)の世話をして頂いていた先生方、ありがとうございました。
a0247891_15402776.jpg


ペープサートに参加するつもりが、寝てしまい、
終わって働きはじめた、大きなミツバチでした~

a0247891_736181.png


幼稚園のみなさん、先生方、どうもありがとうございました。



(6/20実施)
[PR]
# by archae88 | 2016-07-10 10:05 | こどもたちへの環境教育 | Comments(0)

ハエバス

ついに、良い虫がよく採れるような、そんな時期になってきました(当人比)。
当たり前に巡る季節だけど、こういうのが幸せですね。

でも、この時期、嬉しくない虫も現れてしまいます。
オキナワオオアブ。褐色のストーカー。吸血性の大きなハエの仲間。
a0247891_1645040.jpg


山やその周辺の野外にいると、どこからともなく飛んできて体にまとわりついてきます。
大きな虫だし、羽音も大きいから飛んできたらすぐにわかりますが、
油断をしているといつの間にか体に止まっていてジクッ!と刺さしてきます。痛いですし、なんか嫌です。

この日も、車で蜂場に着くと、早速何匹かやってきました。

コツ!

勢いよく飛んできて車にぶつかるから、ガジュマルの実ぐらいのものが樹上から落ちてきてあたったぐらいの音がなる。
上の娘は、一度このアブにたかられたことがあるから、割と真剣に恐れています(笑)

車のガラスにとまっているオキナワオオアブを、車内から、内側からじっくり見る。
ふと、一匹のアブの脚の先に何か付いているのに気がつく。
a0247891_15533027.jpg


アップにしますと。。。
a0247891_1558943.jpg


カニムシ(※)が付いていました!なんと!?
オキナワオオアブの脚を鋏ではさんで、カニムシがくっついていました!

カニムシがほかの生き物にくっついて移動する、って話は何かで読んだことがありました。
でも、この目でまさか見ることができるなんて。思ってもみませんでした。
しかもオキナワオオアブに!ストーカーにストーカーか?

このカニムシは、一体どういうつもりなんでしょう。
時折、アブは違和感を感じるのか、カニムシが付いている方の脚をしりしりって動かすのですが、カニムシはただじっと、ガチッとはさんでいます(笑)。うけるー!

しばらく観察していましたが、やがてカニムシを付けたオキナワオオアブはどこかへ行ってしまいました。

ネコバスじゃなくてハエバス。
ネコバスと比べて速すぎるハエバスと、それを意に介さず黙ってつかまってるカニムシが、なんとも、いい。

カニムシはどこで降りたんでしょうね。面白いっ!



※カニムシ
実際には何種類もいるが、今回の記事の種は不明。
普段は、森の中の落ち葉の下や草むらの土の中、木の幹のささくれた樹皮の下などで生活しているサソリの仲間。はさみに毒腺があり、他の小さな生き物を食べるが、人にとっては無害どころかほとんど存在を認識されていないのではないだろうか。
海外の種で、カミキリムシに乗って移動することがよく知られている。
[PR]
# by archae88 | 2016-07-10 03:20 | | Comments(0)

採蜜量が少なかった理由について

先日、今季最後の採蜜をしてきました。


今年の春は、いつもの春の採蜜量の半分も収穫できませんでした。
春でこんなに採れないなんて、こんなことは初めてです。

蜂たちのコンディションは例年通り、良かったです。
梅雨時期で雨の続く日もありましたが、それはいつものこと。
それでも、ちょっとした晴間にたっぷり集めてくるのが、春です。
花が咲いていなかった訳でもありません。ちゃんと春らしく、花どうしが挨拶するぐらい咲いていました。

でもいくつか違和感もありました。
まず、いつもは「わっ!」と咲くシロノセンダングサの勢いが、春の出だしから終始やんわりと咲いていたように感じました。
そして、蜜が溜まり始めるタイミングが遅かったです。
いつもはどんどん巣に溜まっていく時に蜜が増えていかない。この蜜入りのタイミングの異変については、先輩の養蜂家も同じことを言っていました。単なる思い過ごしではなさそうです。

もちろん、理由は他にあるのかもしれませんが、気になることがもう一つ。

沖縄県の今年のマンゴーの生産量は、例年の3割減だそうです(すべてのマンゴー農家がそうではありません)。
原因として、去年末から年明けにかけての暖冬と、曇天や雨などが合わさって日照不足と過湿になり、開花が遅れ、暑い時期に開花がずれ込んだため、結果として着果率が下がり収量減となったそうです。

こういった気候の影響は、なにもマンゴーに限ったことではなくて、野生の植物たちにも同様に及んでいると考えたほうが自然です。

植物にとって季節の移り変わりは何よりも大切です。
日の長さ、温度、降水量、はたまた季節によって現れる虫たち。どれを取っても、植物たちは、季節とともにそれらが巡ることを、あてにしています。
どれかの要素が例年と狂ったならば、その分何かを調節して今年を生き抜こうとするでしょう。
それが、例年と比べて少ない採蜜量となってあらわれたのかもしれません。



そうやって、環境の影響をもろに受けて、収穫量も味も色も変わる食べ物もなかなかありません。
それを仕事にしている僕たちもなかなかの好きものです(笑) でもこの変化が面白い。

気候、植物、昆虫。はちみつもまさに、地球の味です。
[PR]
# by archae88 | 2016-07-09 13:53 | はちみつ | Comments(0)

販売について

2016 春のはちみつの販売についてです。

商品につきましては、◆こちら◆にてご確認くださいませ。


直前ですが、明日7/10(日)より販売を開始いたします。

実店舗は下記日程で、期間限定でopenいたします。

7/16(土)と7/23(土)の土曜日は、15:00~19:00でopenします。

近くのこどもの国では、サタズーも開催されてます。

ご予定と合わせて、お立ち寄りいただければ幸いです。



お取り置きもお受けいたしますので、ご希望のお客さまは、

お電話またはメールにてお問い合わせください。

どうぞよろしくお願い致します。






◆販売の日にちです

7/10(日)、7/13(水)、7/16(土)、

7/17(日)、7/20(水)、7/23(土)、

7/24(日)、7/31(日)


*土曜日のみ、15:00~19:00です。

*7/27、7/30はお休みさせていただきます。

のついている日がopenの日です。



a0247891_13262442.jpg






◆販売時間

13:00~18:00

(土曜日のみ、15:00~19:00)




◆お店の場所について

◆こちら◆よりご確認ください





  

◆連絡先について

◆こちら◆よりお願いいたします。

※ メールでのご連絡の場合は、
お名前とご連絡先も一緒にご記入願います。

※ご希望の受取日がございましたら、openの日以外でもできるだけ
対応させていただきますので、どうぞご相談ください。





*県外のお客さまへ  

今回は通販STORESは、openいたしません。
ご希望のお客さまは、直接、メールかお電話にてご連絡ください。
この場合、郵便局または銀行からのお振込みでのお支払いのみと
なりますことをご了承ください。
[PR]
# by archae88 | 2016-07-09 13:20 | はちみつ商品について | Comments(0)