ブログトップ

アルカエの日々のこと

archae88.exblog.jp

初夏の八重岳の自然観察会 ありがとうございました!

八重岳初夏の自然観察会、無事終了しました!
a0247891_22392455.jpg

皆さま、暑い中、遠いところ、
お越し頂きありがとうございました😊
元気すぎるかーちーぺー
(夏至南風。梅雨明けにだけ吹く強い南風)に
チョウもこどもたちも少し押され気味でしたが、
雨もなく梅雨明けらしい良い天気でした。

観察会をとおしていつも思うことは、
こどもたちの好奇心って本当にすごいということです。

観察会の最中、狩ったクモを運搬中のベッコウバチの一種に遭遇したあるお子さんは、「このハチに今、別の生きたクモを与えたらどうなるか見たい!あげていい?」と言い出して、捕まえてあったオニグモを虫カゴから取り出してハチに差し出しました。

そこから目の前で始まったガチなワイルドライフな光景に、ほかのこどもたちも僕もアッテンボロー先生(イギリスのあらい生物学者)のようにしゃがみこんで大興奮したのでした。

僕が一人でそのベッコウバチに遭遇しても同じことはしなかったでしょう。
現実は、つまらない想像をはるかに超えるエキサイティングな結果が待っていることがあります。
それにまた気づかせてくれたような出来事でした。
気になっていたことを実際にやってみる、みたいな。

観察会をとおして、みんな一人ひとりの「気になる」「好き」が
普段以上に解放できたなら、開催する僕たちも嬉しい限りです。

そんな期待をしつつ、これからも季節の旬を楽しむ自然観察会を開催していきますので、どうぞよろしくお願いします!



以下、当日の様子です。
(プライバシー保護のため様子写真のみ使用しています)



a0247891_22180893.jpg
◆昼の観察会



a0247891_22201497.jpg
サンセットタイムに。
夕飯のカレーは、屋上で夕陽を見ながら食べました。



a0247891_22215010.jpg
◆夜の観察会



a0247891_22221772.jpg
山頂から朝日を見ようと、
希望者だけで、4:30から登頂しました。



a0247891_22233338.jpg
◆朝の観察会
ミツバチの観察と採蜜体験

人目線でない、自然界の中での昆虫としてのミツバチの話。
ミツバチの生態の魅力についてお話しつつ、
日本では、セイヨウミツバチは外来種であること。
沖縄でミツバチが増えることでの生態系への悪影響についても
お話ししました。





参加者の方よりたくさんお写真頂きました。
ありがとうございました。






[PR]
by archae88 | 2018-07-01 22:42 | 自然観察会 | Comments(0)
<< 2018 昆虫観察ウォーキング... 春のはちみつ 採蜜していってます >>